So-net無料ブログ作成

四半世紀越しの拝謁 [music]

すごいかっこよかった。
厳密にいうと、やっぱりかっこいいと惚れ直す瞬間が時々あって、
『ああ、本当に私はこの人のことが好きなんだな』
と改めて思った。

言いたい文句は山ほどあるが、今宵は20年越しに見た彼の
惚れ直した姿だけを反芻しておくことにする。

私が想像してたよりがっかりするくらいステージ慣れしてて、
日本語が分からなくても、また英語が分かってそうな相手でなくても
お構いしなしにエンターテイナーぶりを発揮する相当立派なステージマンだった。
それが悪いわけではないし、すごくファンサービスにも気遣う人で
彼の温和な人柄がよく伝わってきたけれど、
私の中ではそういう親しみ感は一切ない人だというイメージが20年間もあって、
石のようになっていたそれが打ち砕かれたわけだから、
その衝撃たるや想像してみてほしい。
一言で言うなら

『こういうひ人だったんだー…』

っていう、なぜかちょっとがっかりする方向。
たとえて言うなら、高校生の時に好きだったクールな先輩が、
だいぶいい大人になってから偶然居酒屋で騒いでいるのを見かけて、
別に悪い人じゃないけど、『あ、ほんとはこういう人だったのね』と
知った瞬間のような。

リック・アストリーは当時からあまり情報のない人で、インタビューなんかも
殆ど読んだ記憶がない。
で、謎めいたパーソナリティを、私は彼の曲ざまから補ったんだな。
多分。

まじめな人だと思ってた。
もとい、まじめな人なんじゃないかと思ってた。
冗談が通じないタイプと言うか、ちょっと神経質な感じかと。
実際には180度違うタイプだった。
平たく言って、ひょうきんな人です。
人の笑いを誘うようなことをするタイプからは程遠いと思っていたのだけれど、
実際はまさにそんな人でした。

なんだかんだマンチェスターと比べるので、マンチャスターの出身なのかと思いきや
全然違うところだったので、どおりでベッカムより断然聞きやすいと思った。
なぜマンチェスターを話題に出したのか。

とにかく、クールでまじめで作品には情熱的なアーティストみたいな優等生像が
ポーンとどこかへすっ飛ばされてしまって、なんだか落ち着かないくらいだった。
これ誰なんだろう、みたいな感じで。

だけど、そうやってお構いなしに英語でガンガンしゃべって会場の笑いを誘う合間に
時々見せる本気の姿に何度も胸を打たれた。
ああ、やっぱかっこいいなと。
リック・アストリーにかぎらないけど、私はアーティストが観客を忘れて、
自分の中に入り込んで歌っている姿が好きだ。
歌の中に入り込んでいると言った方がいいのかな。

歌手が、その歌が好きで、その歌を歌うことに情熱を傾けている姿には
独特の美しさみたいなものがあると思う。
他人には入る余地のない、歌と歌い手との真剣なやり取りを目の当たりにして
私は胸を打たれる。

だから、それを公演の中で何度か見られてよかったなと思った。
人となりは私が想像していた繊細で情熱的な王子様みたいなのからは
かけ離れていたかもしれないけれど、歌に向き合ったときの彼の様子は
私が聞いて育ったリック・アストリーに間違いなかったから。
その時の姿を思い返すだけでも胸がいっぱい。
ああいう曲がもっとたくさん聞きたかった。

まあ、あの人となりじゃ、自分がステージを楽しみたいタイプなんだろうけどね。
ほんとに曲のイメージからは想像しない人柄なんだよ。
表紙で本を判断しちゃいけないっていうけどさ、本の中身を読んでもなお
書き手は想像し得ないということだね。
まいいけど。

しかし、今日のセットリスト作ったやつ殺す。

rick.JPG

事件や [music]

マアーーージかあーーーーー。 ワシちょっと見てみたいやんけー。(チエちゃんのおとん風)
ちなみに、チケッツはおいくら万円ですのん? でももう年が年だから、ビール片手にバルコニー席の先っぽの方から安全に観たい。

最近の音楽事情 [music]

*** プロローグ ***

 ブログを始めて8年。
 初めて音楽の話を書く。

 この私が今まで音楽の事を書かなかっただなんてちょっと信じがたいけど。

 でも本当に、今まで公開でも、非公開でも、音楽の話題を中心にしたことってなかったな。その間、夢中になった音楽は、いっぱい、いっぱい、あったのに。
 まあ中には人には言えないものもあるんだが。

 それにしてもだ。
 8年一度もがないと言うのはすごい。
 手書きで日記を書いていた時にはよくあるネタだったのに。
 それくらい音楽は私の生活に深い関係のものだったのに、今では人の歌声なんか聴きたくないと思うようになってしまった。

 にもかかわらず、その音楽の記事を今になって書きたいと言う気持ちが突如として湧いて来たというのもかなり不可解な話ではある。
 なんなんだろうな。単に気が向いたと言うことでいいのかな。
 まあ、好きなようにしたらいいと思う。
 もともと音楽のことを文字にして人に伝えるのは昔から気が進まないと思っていたけど。

 今はその時と言うことで。


***


 最近、久しぶりにAmazonを覗いたら、それももう他に見るとこなくて仕方なく覗いたっていうくらいのもんだったんだけど、私宛のおすすめ商品でオフの”Happy Hour”っていうアルバムのリリースを知った。
 人の声を聞かなくなって(楽曲でという意味)久しいので、そんなニュースを聞いても『ほー、そうかい』って感じだったんだけど、今日またしつこく"Happy Hour"を薦めるメールが来たので、ヒマつぶしにAmazonで洋楽チェックをしてみた。

 Offspring/ "Happy Hour"
 off_happyhour.jpg

 サージェントペパーズを彷彿とさせるアートワークがまず気に入らないんだが。

 オフの新しいアルバムなのかと思ったら、他のバンドが歌ってるトリビュートらしい。なんじゃい。
 しかも、聞けば「来日記念日本限定企画盤」とかいういかにも胡散臭い能書きが付いていて、昔の私だったら絶対に手を出さない類のアルバムだけど、最近ロックとは縁遠くなっていて自信がなくなってるせいか、『知らないバンドの発掘になるかな…』なんて弱気なことを考えてみたりもする。
 そもそも"Happy Hour"って、なんか小馬鹿にしたようなタイトルが気に入らないんだよな。
 買うかどうかは迷わしい。


 Linkin Park/ "A Thousand Sands"
 linkinpark_thousandssands.jpg

 このバンドはデビューの華々しさとは打って変わって今は結構アングラなイメージで、細く長く続いている印象。目立たないけど、好きなことやって生きてけてるって言う印象を受ける。
 オフにくっついておすすめされてたんだけど、今はどんな感じになってるのかなと言う程度に気になる。


 Hoobastank/ "Is This The Day?"
 hoobastank_isthistheday.jpg

 アコースティックバージョンが詰まったアルバムだと言う。うーん、面白くなさそうと思うのは私だけか。こいつらってただでさえ甘々なのに、アコースティックバージョンだなんて、それも2枚組だなんて、私にはとても耐えられそうにない…。
 しかし、そんな甘ったるくていがもたれそうなアルバムをトミー・リーの自宅スタジオで製作したらしい。なんだか、不釣り合いな感じがするんだけど…。まあ、先輩のスタジオ使わせてもらえば費用が浮いていいのかな、と思ったりもして。

 フーバはデビューアルバムが好きだったんだ。"First and Furious"のサントラに何曲か使われてて、それ聞いて気に入って、2ndも買ったけれど、なんつーか、甘ったるいと言うか、アイドルっぽい路線に走ってるなという印象を受けたんで、その後はあまり興味が亡くなってしまった。
 個人的にはもっととんがったロックが好きなんだよね。


 Underworld/ "Barking"
 underworld_barking.jpg

 このアートワークよくない?思わずジャケ買いしてしまいそうだなと思ったよ。
 Underworldはいったい何繋がりでお勧めされていたんだろう。クラブもので入り込んでいたアーティストはこれだけだったんだけど。まあ、前に1枚買ったりしたからな。なんというか、気まぐれで買ったと言うか。それでかな。
 まあ、UnderworldもFatboyslimも、というか、私にとってのクラブミュージック全般に言えることなんだけど、飽きるんだよね。長くって。単調で。繰り返しばかりで。カートで言うところのヴァース・コーラス・ヴァースに慣れちゃってるメリハリ聴いてない長い音楽ってしんどい。なので私の場合、聞き流し専門としてUnderworldは位置づけられている。


 Papa Roach/ "Time for Annihilation on the Record & On the Road"
 papa_timefor.jpg

 このジャケ見てすごいなーと思っちゃった。まだこんなスピリットで音楽続けられてるのかと思って。無理してないかと心配になっちゃうくらいだよ。パパローチはデビューからずっと好きなバンド。なんでこんなに相性がいいのかなと思ったら、ボーカルのジャコビーがFaith No Moreを好きだと知ってなるほどと思った。これは買ってみたいかなー。国内版はこれから発売なのね。
 しかし、どうしたらこんな気持ちをずっと引きずっていられるんだろう。不思議でしょうがない。なんでもそうだと思うんだけど、長いこと生きてたら、途中どっかで心が折れちゃわないかね。私は折れちゃったよ。


 Bad Religion/ "Dissent Of Man"
 ※アートワークがAmazonになかったのでホワイトキャットレーベルで代用
 wcl.jpg

 今のとこ音楽部門欲しいものリストのトップ。デビュー30周年だって。すごいなー。もともとこの人のやる気みたいなのにはずっと圧倒されっぱなしだった。いい年になってからUCLAで経済を学んでなんかいいことあったのかしら。ライブもすごいし。昔、一度だけチッタに観に行ったことがあるけど、その一度で懲りたよ。ありゃ男でなきゃ危険すぎる。けど、無謀だったなとは行ってみたからこそわかったこと。
 オフがアニキと袂を分かって色モノに突き進んだ後、アニキはそのアニキ色を惜しみなく更に濃くしていったように思う。もともと社会批判的な姿勢や思想ではあったけれど、そう歌ってカッコいいっていう人やバンドってほんとに少ないと思うんだけど、レリジョンはそんな通念をものともしないほどガッチガチにカッコいい。まあしかし、どういう訳か、私にとってはアルバムによって当たりはずれの大きいバンドでもあるんだが。
 でも、それでもなぜかレリジョンの新作というニュースに心が躍るのは確かだ。アメリカンパンクの雄は今度どんな音楽を引っ提げてくるのだろう。楽しみ。


 K.T. Tunstall/ "Tiger Suite"
 k.t._tiger.jpg

 こっからは自分で検索して新譜が出てないか調べた人たち。
 K.T. Tunstallは1作目が痛く気に入って、2作目は、あー、かなり質が落ちたという印象だったが、1枚目が異常に売れた人似合ってはよくあること。2枚目は1枚目作った時の余りか?みたいの、よくあるよね。
 今回のに期待したいが、FMかMTVで様子見てからにする。


 Little Birdy/ "Confetti"
 littlebirdy_confetti.jpg

 リトル・バーディは実はもう3枚目のアルバムになると知ってちょっとがっかりした。私はここもう何年も音楽雑誌読むのをやめちゃってるから業界事情はさっぱりなんだけど、読んでても言うほど大事な情報はねーっていうのが最終的な判断で、読まなくなっちゃったんだよね。実際、このバンド取りあげてる音楽雑誌って殆どないと思う。私がこのバンド知ったのはファッション誌の新譜紹介コーナーだったもん。1stは国内盤があったけど、今回は国内盤はないみたいでちょっとかなしい。2ndはどうだったんだろう。Amazonでは見つけられなかったんだけど。
 こればっかりはFMでもMTVでも流さんだろうから、聞きたきゃ買うしかないかなー。やりたくないけど、iTuneで視聴するかな。


 Usher/ "Raymond V Raymond"
 usher_raymond.jpg

 "OMG"のPVを観た。カッコいいよね。
 Usherは初めてステージを観たその時から芝居っ気のあるところが気に入っていたけれど、今もPVを観る限りその姿勢は変わらないようでうれしい。Usherはスターだから出来る、許される「なりきり」を惜しげもなく披露する。普通のアーティストは何気なさを気取って、それをカッコいいと思いこませるような姿勢だけれど、Usherはスターならではのきらびやかさを逆手にとって、そのわざとらしさを狙って作って、作り込んでて、それが一流のアーティストとしての突き抜けた個性になって現れている感じがする。こう言うタイプの人、今あまりいないと思うんだよね。
 そう言えば最近映画には出てないような。まあ、個人的には音楽の仕事にいそしんで欲しいけどね。


 Alicia Keys/ "The Element Of Freedom"
 alicia_element.jpg

 前作にはすごいお世話になった。2年前の今頃、会社の行き帰り、のみならず、仕事中にも聴き倒してた。Alicia Keysはアルバムをもつ前から印象はよかった。グラミー賞のパフォーマンスで何人か他の同年代っぽいアイドルと一緒に歌ってるのを観て、一番声がいいなと思ってた。
 今回のこのアルバムに関しては、事前に何も聞いていないんだけど、どんななんだろう。
 つい最近、彼女の出てる映画を観てちょっとびっくりした。映画出てるって知らなかったもんだから。そうやっていろいろキャリアを積んでより自信を付けたであろう彼女の新しい曲が楽しみ。


*** エピローグ ***

 と、興味のあるものをつらつら書き連ねたが、実際に買って聴くかはかなり怪しい。だって、3か月前に買ったCDが4枚くらいあるんだけど、まだ封も開けてないもんね。気分的にどうしても聴く気になれなくて。
 原因の半分は分かってるんだ。イヤホンで音の悪い音楽を聴くのがやだ。容量のクソちっさいウォークマンを使うのがやだ。まあ、それ以前にもう人の声を聞くのが嫌になってしまって。病気みたいだけど、音楽自体が心底嫌になってしまった訳じゃない。人の声がせず、質のいい音がする音楽なら私に無害などころか、癒す効果がある。
 だから、半年前に買って、まだ部屋の中央で段ボールに入ったままのネットジュークを引っ張り出せるようになったらまずは、クラッシックでも聴いてウォーミングアップするかなと考えている。それも大分先の話になるだろうけれど。もうこの年になってライブもまったく行かなくなっちゃったから別にあわてない。
 若くて情熱のある時は、出会いも大事だったから、質より量って感じで、興味のあるのを片っ端から買い漁っていたけれど、今では無駄によくもない音楽を聞いていたくないから、良質の音源で、まずは人の歌声を聴けなくなるほど病んでしまった心のリハビリをしてから、こう言うのを聴いてきたいな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。